自動車保険の基本知識│自賠責保険と任意保険の違いってなに?

MENU

自動車保険の基本知識│自賠責保険と任意保険の違いってなに?

 

自動車保険にはいろいろな保険会社が用意してくれている任意保険と、法律によって加入が義務付けられている自賠責保険の二種類があります。実はそれらの違いをあまり分かっていないという人もいるようですので、どのようなものなのか、改めて説明してみるとしましょう。

 

・自賠責保険とは

自賠責保険とは、法律によって加入が義務付けられているものです。どこで加入すれば良いのか分からない。そもそも自分が加入しているのかどうかさえ分からないという人もいるかもしれませんが、こちらは自分の意思で加入するという性質のものではなく、車検を受けた際に徴収されているものです。

自動車保険4
車検を受けた際、内訳を見てみると自動車重量税と自賠責が支払われている事が分かります。つまり、車検を受ければ自賠責に加入している事になります。言うまでもなく車検は義務です。自動車を公道で走らせるためには車検を通した車両でなければならないのです。決して「受けたい人だけ受ければよい」といったものではなく、受けていない車両で公道を走ったら法律違反です。つまり、車検を受ければ「自賠責を支払った」という事になります。自賠責を支払っておけばある程度はカバーしてくれるのですが、補償額がとても低いです。例えば死亡による損害でも最高で3,000万円ですが、これ以上の額になった時、例えば3,500万円支払わなければならない場合、残りの500万円は自分で支払わなければならなくなります。自賠責はルールではあるのですが、補償範囲という点で見ると少々物足りないのも事実なのです。

 

・任意保険

一方の任意保険は、名前からも分かるように任意です。任意保険に加入していないからと言って、自賠責のようにルール違反として法律に抵触するという事はありません。入るも入らないのも基本的には自分の自由ですので、任意保険は「入らない」という選択肢があるのも事実です。ですが先に話したように、自賠責はルールではあるものの、補償範囲だけを見ると決して十分なものではありません。特に車両保険。もしもですが、自動車を盗まれてしまった場合、自賠責では何もしてくれません。基本的に自賠責は相手に支払うためのものであって、自分の過失をカバーしてくれるようなものではありません。また、任意保険は自賠責と被っている部分であっても補償額が自賠責よりも高額なため、安心感があります。
自動車保険5
任意保険は義務ではありませんが、実際に「もしも」の事を考えると自賠責だけでは不安なのも事実ですので、やはり「いざ」という時の事を考えたら任意保険には加入しておいた方が良いでしょう。事故というのは相手だけではなく、自分自身も何かしらトラブルに見舞われる事があるのです。自動車が故障した。盗まれた。自分が怪我をして治療費が必要になった。これらは自賠責では何もありませんので、カーライフに万全を期すのであれば、任意保険もまた「必須」と考えてよいでしょう。

 

・任意保険はいろいろと選べる時代

任意保険の場合、自賠責と異なり、いろいろな会社から登場している事もあり、選べるという特徴があります。例えば「これはいらない。でもこれは付けて欲しい」といったように、自分のカーライフに応じていろいろな保険を付けたり外したりが出来ます。

自動車保険6
例えばロードサービス。もしもの時にとても頼りになるものですが、ディーラーで保証してくれているのでいらないという人もいるでしょう。盗難保険も、自宅マンションのセキュリティを考えたら盗まれるリスクがないので不要だという人もいるでしょう。それらを付けたり外したり、まさに「自分だけのカスタム」が出来ますので、案外お得に任意保険に加入出来るのです。