自動車保険の選び方│個人の契約でおすすめの契約内容を紹介

MENU

自動車保険の選び方│個人の契約でおすすめの契約内容を紹介

 

自動車のユーザーにとって、自動車保険も真剣に考慮しなければならない部分です。さすがに保険未加入で自動車を乗るというのは、自分自身の将来やもしもの事を考えた時、お勧め出来ません。事故はいつ起きるか分かりません。そもそも、起こそうと思って事故を起こすような人はいません。誰もが自分は大丈夫だと思いつつ、結局は事故を起こしてしまうのです。そんな時に頼りになってくれるのが自動車保険ですが、一体何を保証してくれるのか。基本的な部分をいくつか挙げてみるとしましょう。自動車保険の基本知識│自賠責保険と任意保険の違いってなに?

 

・対人保険

自動車保険11
文字通り、相手が人の事故の際に補償してくれるものです。基本的に、どのような自動車保険でも対人の保険は必ずあります。人間相手の事故はとても大変です。被害者感情はもちろんですが、何より補償額が大変なものになります。軽い怪我程度で済めば良いのですが自動車のエネルギーは人間自身が生み出すパワーとは比べものになりません。そのため、後遺症になってしまったり障害となってしまったり…。そのような場合、当然ですが、加害者が補償しなければならないのですが、自動車保険に加入していればその部分は保険で支払う事が出来ます。対人の事故の損害額は時に何千万とかかります。そのくらいのお金があるという人であれば問題ないでしょう。ですが決して安い額ではないそのお金をどのようにして捻出するのか。保険に加入しておらずに事故を起こしてしまったがために、人生が狂ったという話は決して珍しいものではありません。とはいえ、自動車保険で対人保険が用意されていないようなケースはほとんど考えられませんので、自動車保険に加入する=対人保険に加入すると考えてよいでしょう。

 

・対物保険

自動車保険12
対人が人間相手の事故の補償をしてくれるのに対し、対物は文字通り「物」を対象にした自動車保険です。物とは、事故を起こした相手が人間ではなく、建物等の場合です。所有者がいる建物はもちろんですが、公共の物であっても事故を起こして自分自身が損害を与えてしまったら責任を負わなければなりません。対人程高額にはならないとはいえ、物によってはそれなりの額になります。また、対物の場合、自分自身がそこまでかからないだろうと思っていても、相手が「これだけかかる」と言えば支払わなければならないものですが、対物の保険に加入していれば自分自身の運転によって損害を与えてしまった物への補償を保険が行ってくれるという制度です。事故の相手が必ずしも人間とは限りません。悪天候時、車がスリップして建物に突っ込んでしまったり、ガードレール等にぶつかってしまったり。気の毒ではありますが、建物等が傷つけばその責任はドライバーにありますので、支払い義務が生じますが、対物保険に加入していれば、それらを支払ってもらえます。

 

・車両保険

自動車保険13
これは自分の車に対する保険です。自分の車にもしもの事が起きた際の保険。それが車両保険です。盗難に遭ってしまったりですとか、天災等で自分の車がダメージを負ってしまったり。また、天災だけではなく、例えば駐車していて運転しようと思ったら傷ついていたり。そのような時に補償してくれるのが車両保険です。車両保険に加入しないと、保険がかなり抑えられますので加入しない人も増えているようですが、自動車もいつ何が起きるか分かりません。特に自動車は決して安いものではありませんので、車両保険も出来る限りは加入しておいた方が良いでしょう。もしもですが、車両保険に加入していない場合、納車してすぐに盗まれたり傷ついたりしても、ディーラーでは何もしてくれません。「お気の毒ですが…」といった言葉はかけてもらえますが、自分で何とかしなければなりません。ですが車両保険に加入していれば、そのような時も肩代わりしてもらえますよ。